民間人の味方

行政書士は、会社を立ち上げる際のお手伝いや運用に関するアドバイスをするベストビジネスパートナー、弁護士は不倫や浮気関連の問題を速やかに解決する腕を持っています。中でも多いのは浮気や不倫問題でしょう。発覚すれば、慰謝料請求される可能性もあります。

慰謝料請求の基本的な流れ

  • まずは専門家に相談をする
  • 今後の打ち合わせをする
  • 慰謝料請求通知を相手に送付
  • 離婚協議書の作成をする

慰謝料請求をされたら?

万が一慰謝料請求された場合、どのように対処すべきかがわかれば、いざ請求された時に安心です。まずは、慰謝料請求された際の対処法をチェックしましょう。今後の参考になります。

慰謝料請求された時の上手な対処法

女性

協議をする時の注意点

慰謝料請求は、電話やメールなどでなされる場合もあります。この時、具体的な金額を言わず慎重に対応することが求められます。また相手は、慰謝料を獲得するため必死に動いていますが、勢いに負けないことも大事です。

解決までの見通しを把握する

不倫や浮気で慰謝料請求されたら、今後の対応についてしっかり考えましょう。早めに行動することで、対策法を明確にできます。逆に無計画で動くと、自分に不利な状況を作ってしまうことになるため気をつけましょう。

慰謝料請求の内容をチェックする

自分に落ち度があっても、慰謝料請求されたら落ち込むものです。対応についての判断も難しい部分があるでしょう。そんな時は、慰謝料請求に応じるか否かをチェックしましょう。例えば、メールでいかがわしい内容のやり取りをしていても、実際に肉体関係を結んでいないのなら慰謝料請求は成立しません。自分が撒いた種でも、相手の勘違いでそうなることもあり得るため、慰謝料請求の内容は必ず確認すべきです。

支払時期を確認する

浮気や不倫が原因で別居状態にある場合、内容証明にて慰謝料請求をされる可能性があります。この通知書には支払期限が明記されており、必ず期限内に納めないといけません。しかし、交渉の余地がまだ残っているならすぐに支払わず、様子見でいきましょう。

請求書が弁護士から届いた

依頼人に変わって弁護士が請求書を送付することがあります。相手は、数多くの案件をクリアしてきた実力者なので、真っ向から立ち向かうと自分の立場が危うくなります。もし交渉する場合は、代理人を通してからの方がいいでしょう。また依頼人の一方的な証言で作成されたものなら、納得いかない部分も出てくるはずです。そういう場合こそ、法律に詳しい弁護士に相談すべきです。

慰謝料請求された時は弁護士に相談!気になる遺産について

男性

離婚になった場合

自分の不貞行為で離婚になったら不動産、金融といった財産を結婚期間中であれば相続可能です。実際、財産分与にて請求できた金額は数千万円から数億円という例もあります。離婚するから終わりではなく、損しないためにも財産分与についてしっかり把握しましょう。

[PR]
会社設立を東京で計画
必要不可欠な情報をここでゲット

[PR]
自己破産の費用を相談
弁護士などに相談する前に見ておきたい

[PR]
慰謝料請求されたら相談する
トラブルを解決してくれる専門家

広告募集中