>info>自己破産だけじゃない!借金をチャラにする方法はまだある

自己破産後の生活

自己破産のイメージは、すべての財産が処分されると認識されています。しかし衣類、家具といった必需品については、処分の対象になりません。これは、自己破産後も通常通り生活を送れるよう配慮されたものです。

自己破産のメリット

  • 借金減額などの最適な方法を提示
  • 賃金業者からの催促がなくなる
  • 書類作成のサポートが受けられる
  • 過払い金の調査をしてくれる

自己破産は知らないことだらけ

借金を全てなかったことにできる自己破産ですが、正しい知識を持っている人はそう多くありません。疑問を解決してから、自己破産手続きをしましょう。

自己破産に関するQ&A

女性

費用はどのくらいかかりますか?

個人で行なう場合は3万円から5万円が相場ですが、司法書士といった専門家に依頼すると20万円はかかります。また弁護士の場合はこれよりもっと高くなるようです。まずは借金に詳しい専門家に話しを聞いてみましょう。

事件ごとに予納金が違うのですか?

同時廃止事件なら、一万円から三万円が妥当でしょう。逆に、管財事件は手続きに時間をかなり使いますし、費用も40万円前後かかります。ただ少額管財だと、代理人をたてることで費用を抑えられます。

自己破産しか道はないですか?

裁判所に再生計画案を提出し、認可されると借金の減額が可能になる個人再生というのがあります。債務整理の一つで、費用も自己破産とかなり違ってきます。また個人再生を利用するには数々の条件をクリアすることが必要です。

自己破産だけじゃない!借金をチャラにする方法はまだある

相談

時効の援用を考えよう

自己破産は最終手段として、先に時効の援用が適用されるかどうかチェックしましょう。借金には時効があり、これが成立すると一億だろが100万円だろうが金額問わず支払いが不要になります。また借金を帳消しする場合は、時効の援用を上手く利用してその意思を債務者に伝えることが重要です。

広告募集中